ミニゴルフは、大型のものとどう違うのですか?

ミニゴルフは、クラシックゴルフを縮小しただけのものではありません。ゴルフの基本的なルールに基づいていますが、それを縮小したゲームプランに変換し、異なるアプローチの戦術を持つ、非常に特殊なスポーツです。

クラシック・ゴルフとミニチュア・ゴルフの違いは、ボールを使って乗り越えなければならないコースがはるかに小さいことだけでなく、それを乗り越えるための全体的なアプローチにあります。このように、みにゴルフは、種類、用具、競技などが異なる特殊なスポーツ活動として、独自の地位を確立しています。

ミニチュア・ゴルフの仕様


ミニチュア・ゴルフの特徴は、屋内でも屋外でもプレーできることです(ただし、屋外のコースが多い)。

ミニチュア・ゴルフは、ゴルフと同様に18ホールで構成されており、コースの表面の質だけでなく、障害物の配置など、さまざまな障害物を乗り越えてプレーする必要があります。
ミニチュア・ゴルフには、いくつかの基本的な種類がありますが、ゲームのアプローチとしては、次のようなものがあります。

  • 認定されたミニチュアゴルフ – 定義された特性を持つコースで、定められた競技ルールに従ってプレイされるミニチュアゴルフゲーム
  • 家庭用・趣味用ミニゴルフ – 厳格なルールがなく、遊び感覚で取得できる


認定されたミニチュア・ゴルフは、使用するコースによっていくつかのデザインがあります。代表的なものは以下の通りです。

  • ミニチュアゴルフ – コースは、障害物のデザインや基本的なボールの前進方向の28のバリエーションで 永遠に作られています
  • コンクリート・ミニチュア・ゴルフ:レーンの表面がコンクリートでできており、障害物のデザインが決まっています。
  • フェルトミニゴルフ:スウェーデン発祥で、フェルトで覆われたレーンを使用し、長さや障害物などのバリエーションが豊富です
  • アドベンチャー・ゴルフ – コースの長さと幅だけが制限され、障害物は自由に設置できるタイプ

ミニチュア・ゴルフ用機器

ミニチュアゴルフでは、1本のクラブをすべてのホールで使用します。ミニチュアゴルフ用に直接設計されたクラブでも、クラシックゴルフのパターでも構いませんが、基本的な条件は、クラブヘッドのプレイエリアが40cm2以下であることと、ターゲティングができないことです。

プレイヤーは一度自分に合ったクラブを選ぶと、ほぼ継続してそのクラブでプレーすることができます


しかし、同じルールがボールにも適用されるわけではありません。ミニチュアゴルフをプレイするためには、ボールを一式揃える必要があります。プロのプレイヤーは、待ち受けるコースや障害物、さらには現在の環境条件に応じて、常に特定のボールを選択します。

ゲームにはライセンスボール(プロのゲームの要件を満たすもの)を使用しなければなりませんが、硬さ、半径、表面仕上げ、重さ、弾性(インパクト時のボールの限界跳ね返りを定義するもの)などが(たとえ少量であっても)異なる場合があります。

ゲームのルールと人気


プロのコースで行われる通常のミニチュア・ゴルフは、クラシック・ゴルフによく似たルールを採用しています。通常のミニチュアゴルフでは、プレーヤーはレーンには一切入らず、ティーショットはレーンの外側の位置で行い、レーンに入ることは許されている場所でのみ可能です。

全18ホールで最も少ないショット数を打ったプレイヤーが勝者となりますが、プロのプレイヤーの場合、ショット数は18に非常に近い値に最小化されることが多いです。

ミニチュア・ゴルフは、プロやアマチュアの競技だけでなく、一般のプレイヤーにも比較的よく知られています(ただし、最近ではやや減少傾向にあります)。

チェコには、あらゆるカテゴリーのミニチュアゴルフコースが約300カ所あります。
1ゲームあたりの価格は、主に地域、コースの設備、プレーヤーの年齢によって異なります。コースは通常、完全に公開されており(トーナメントが開催されている場合を除く)、料金は通常、1時間ごとに計算され、普通の大人であれば100~200CZK程度の値となります。